記事詳細

RSS

家畜衛生学研究室

2017年 1月5日

10345731_624003634362687_4053945418461445891_n イルカの真菌症を研究している研究室です.

 連絡先

  ****************************************************
  〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地
      琉球大学 農学部 亜熱帯地域農学科
      動物生産科学分野 家畜衛生学講座
      佐野文子
  TEL/FAX 098-895-8762 メール ayasano@agr.u-ryukyu.ac.jp 
  ****************************************************

 

研究テーマ

「人と動物の共通感染症(人獣共通感染症)」として,イルカの真菌症(ロボミコーシス:カビの病気の一種)の原因菌の分子疫学,診断法の開発を中心に研究を行っています.

 

 

イルカのロボミコーシスの研究>

ロボミコーシスは大西洋沿岸の中南米諸国を流行地とし,太平洋地域は,流行地ではないと考えられていましたが,我が国のイルカでも発症していることを報告しました.

 

<ロボミコーシスの症例分布>

 スライド1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この病気の特徴は,イルカもヒトも皮膚に多発性でケロイド状の肉芽腫ができることです.

そして,感染したイルカからヒトに移ることも知られている人獣共通感染症です.

 

 

< ロボミコーシスの1症例(イルカ )>

スライド2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 原因菌のLacazia loboi(ラカセア・ロボイ)は培養ができないため,細胞診,病理組織学,免疫学,分子生物学的手法による診断を行っています.

 

<細胞診でのロボミコーシス原因菌 Lacazia loboi (ラカセア・ロボイ)>

スライド3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<病理組織でのロボミコーシス原因菌 Lacazia loboi (ラカセア・ロボイ)>
スライド4















 

 

 

 

 

 

 

そして新しい発見がありました!!

 

日本で発症したロボミコーシスは,中南米諸国の原因菌とは遺伝子型が異なり,むしろ,中南米で流行している高度病原性真菌症のひとつパラコクシジオイデス症原因菌のParacoccidioidesbrasiliensis (パラコクシジオイデス・ブラジリエンシス)に近いことがわかりました.

 

< ロボミコーシス原因菌の遺伝子型 >

スライド5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 <近縁菌種との遺伝子の相同性>

 スライド6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この2種の菌 P. brasiliensisL. loboi は,ヒトでいう兄弟姉妹の関係(近縁菌種)にあり,とても近い遺伝子型と言われています.中南米から遠く離れた日本にどうやって,原因菌がたどり着いたのでしょう?

 P. brasiliensisは各種哺乳類,ニワトリでの感染が確認されているだけでなく,土壌やペンギンの糞からも分離されているので,水系や水棲哺乳類の移動を通じて,世界各地に拡散されても不思議はありません.ロボミコーシスについて,世界的規模での疫学研究を進めていきたいと思っています.

最近の業績

  • Tristão FS, Leonello PC, Nagashima LA, Sano A, Ono MA, Itano EN: Carbohydrate-rich high-molecular-mass antigens are strongly recognized during experimental Histoplasma capsulatum infection. Revista de Sociedade Brasielira de Medicina Tropical (The Journal of the Brazilian Society of Tropical Medicine), 2012: 45(2):232-7.

 

  • Muraosa Y, Sano A, Hatai K: Molecular identification of marine crustacean-pathogenic Peronosporomycetes using DNA sequences of ITS1 and their pathogenicity for nauplii of brine shrimps.Fish Pathology, 2012: 47(2); 41–48.

 

  • Tanaka M, Izawa T, Kuwamura M, Nakao T, Maezono Y, Ito S, Murata M, Murakami M, Sano A, Yamate J: Deep granulomatous dermatitis of the fin caused by Fusarium solani in a false killer whale (Pseudorca crassidens). Journal of Veterinary Medical Sciences, 2012: 74(6);779-82.

 

  • Murata M, Takahashi H, Takahashi S, Takahashi Y, Chibana H, Murata Y, Sugiyama K, Kaneshima T, Yamaguchi S, Miyasato H, Murakami M, Kano R, Hasegawa A, Uezato H, Hosokawa A, Sano A: Isolation of Microsporum gallinae from a fighting cock (Gallus gallus domesticus) in Japan. Medical Mycology. 51:144-149, 2013.

 

  • Fukai T, Hiruma M, Ogawa Y, Ikeda S, Ikeda H, Sano A, Makimura K: A case of phaeohyphomycosis caused by Exophiala oligosperma successfully treated with local hyperthermia. Medical Mycology Journal 54:297-301, 2013.

 

  • Ueda K, Sano A, Yamate J, Itano EN, Kuwamura M, Izawa T, Tanama M, Hasegawa Y, Chibana H, Izumisawa Y, Miyahara H, Uchida S: Two Cases of Lacaziosis in Bottlenose Dolphins (Tursiops truncatus) in Japan. Case Reports in Veterinary Medicine, Volume 2013, Article ID 318548, http://dx.doi.org/10.1155/2013/318548, 2013.

 

  • Lenhard-Vidal A, Assolini JP, Ono MA, Bredt CS, Sano A, Itano EN: Paracoccidioides brasiliensis and P. lutzii antigens elicit different serum IgG responses in chronic paracoccidioidomycosis.Mycopathologia. 176:345-352, 2013.

 

  • de Jesus Carlos N1, Pinto DA, Ono MA, Venancio EJ, de Camargo ZP, Sano A, Itano EN: mmunoblotting of soluble antigens in Paracoccidioides brasiliensis culture. Microbiol Immunol. 2014 Mar;58(3):212-4.

 

  • Yamaguchi S, Sano A, Hiruma M, Murata M, Kaneshima T, Murata Y, Takahashi H, Takahashi S, Takahashi Y, Chibana H, Touyama H, Ha NT, Nakazato Y, Uehara Y, Hirakawa M, Imura Y, Terashima Y, Kawamoto Y, Takahashi K, Sugiyama K, Hiruma M, Murakami M, Hosokawa A, Uezato H: Isolation of dermatophytes and related species from domestic fowl (Gallus gallus domesticus). Mycopathologia, 2014: 178(1-2); 135-43.

 

  • Nagashima LA, Akagi CY, Sano A, Álvares e Silva PL, Murata Y, Itano EN. Arthrographis kalrae soluble antigens present hemolytic and cytotoxic activities. Comp Immunol Microbiol Infect Dis. 2014 Dec;37(5-6):305-11. doi: 10.1016/j.cimid.2014.09.002. Epub 2014 Oct 8.

 

 

  • Minakawa T, Ueda K, Tanaka M, Tanaka N, Kuwamura M, Izawa T, Konno T, Yamate J, Itano EN, Sano A, Wada S: Detection of multiple budding yeast cells and a partial sequence of 43 KDa glycoprotein coding gene of Paracoccidioides brasiliensis from a case of lacaziosis in a female Pacific white-sided dolphin (Lagenorhynchus obliquidens). Mycopathologia, 2016; 181(7-8): 523-9.

 

  • Nagashima LA, Sano A, Araújoa EJA, Álvares de Silva PL, Assolini JP, Itano EN: Immunomodulation over the course of experimental Arthrographis kalrae infection in mice.Comparative Immunology, Microbiology and Infectious Diseases, 2016 Oct; 48:79–86. Epub 2016 Aug 12

 

  • 琉球大学 農学部の特徴 琉大 農学部へ行こう! 亜熱帯の沖縄でしか、できないことがある。
language
language
  • 研究室 紹介 あなたが興味のある研究室を探してみよう!
  • 進学をご検討の方へ 琉球大学農学部入試案内
  • 大学院進学をご検討の方へ 大学院進学案内
  • 在学生・卒業生の方へ 農学部学務担当からの案内
  • 農学部 教職員の方へ 農学部 総務係からの案内
  • 亜熱帯フィールド科学教育研究センター
  • 琉球大学資料館 風樹館
  • 琉大 農学部 概要 パンフレットPDFを見る
  • 琉球大学 農学部同窓会
  • 琉球大学 農学部教育後援会
  • 国立大学法人 琉球大学