農業経済学研究室

研究内容

私たちの命と健康に不可欠な食料・農産物の生産・流通・消費をとりまく社会経済システムを探求します。

 

 

 

農業経済学研究室 担当教員

 教 授 内藤 重之 (ないとう しげゆき)

 准教授 杉村 泰彦 (すぎむら やすひこ)

 

 

 

所属分野:亜熱帯地域農学科 農林経済科学分野

専門分野:農業経済学、農業市場学、農業政策学

 

 

 

主な研究内容

 わが国の食料自給率(カロリーベース)はわずか4割です。私たち日本人は食料の6割を海外に依存しています。グローバル化が進む中で、食料・農産物の生産・流通・消費の実態を明らかにし、豊かな食生活の実現と地域農業の振興を図るための方策を探求しています。

 

 

○食料・農産物の地産地消と食育に関する研究

○食品産業と地域農業との連携に関する研究

○青果物、花きの流通および消費に関する研究

○生鮮食料品流通における食品廃棄物、食品ロスの発生構造に係わる研究

○卸売市場制度の現代的機能に係わる研究、など

 

 

b_simple_136_3M

 

 

 

修論・卒論発表会が開催されました ( 2017.01.29 )

 

 

今日は農林経済学コースの修士論文・卒業論文発表会でした。他学科の先生や、中には調査でお世話になった方も参加してくださり、多くの指摘をいただくことができました。
 残された課題は多いですが、とにかく今日はお疲れさまでした。
 これからは発表会での指摘を踏まえて論文を修正し、指導教員とのやりとりを繰り返しながら(つまり、すぐには受け取ってもらえない)提出を目指します。あと少し、がんばりましょう!

 

卒論発表会① やや緊張気味です。

卒論発表会①
やや緊張気味です。

卒論発表会② 今年は日曜日開催でしたが、多くの方が参加してくれました。

卒論発表会②
今年は日曜日開催でしたが、多くの方が参加してくれました。

 

 

発表者のみなさん 農林経済学コースなので、森林経済の学生も一緒です。

発表者のみなさん
農林経済学コースの発表会なので、森林経済の学生たちも一緒です。

 

会場から農業経済の学生研究室に戻ってきて、手伝いの3年生も一緒に。 みんなほっとした表情ですが、別に卒業が決まったわけではありません。

会場から農業経済の学生研究室に戻ってきて、発表会を運営した3年生も一緒に。
みんなほっとした表情ですが、論文を完成させないと卒業できません。お忘れなく!

 

 

 


 

 

 

 

 

今日の琉球大学:桜が咲いた ( 2017.01.27 )

 

 今日の琉大はめったにないほどの快晴でした。気温も上がり、外のテラスでランチする学生もちらほら。

 琉大に来る前まで沖縄はいつも晴れているイメージがあったのですが、当然のことながら実際にはそうでもなく、実は日照時間も全国平均以下です。まして、ここまで晴れ上がるのはそうそうありません。

 そんな散歩にでも出かけたくなるような日なのですが、研究室の4年生、修士2年生は明後日の卒論発表会に向けて準備中です。

 

付属図書館のベランダから農学部と風樹館 空気も乾燥して、遠くまで見えます。

付属図書館のベランダから農学部と風樹館(博物館)
空気が乾燥しているせいか、遠くまでよく見えます。

桜が咲いていました。

桜が咲いていました。


 

博士課程の中間報告会 ( 2017.01.25 )

 

 琉球大学農学部が連合大学院に参加している、鹿児島大学大学院連合農学研究科の1年生が研究の中間発表をしました。これは連合大学院の公式行事です。

 研究課題は「沖縄県における小ギクの産地形成とサプライチェーンマネジメントに関する研究」です。佐賀大学から副指導教員の白武先生にもお越しいただき、これまでの研究と今後の計画について検討しました。研究の進捗は概ね順調ですが、花き市場の現状をどのように把握するかということと、サプライチェーンマネジメントのとらえ方については議論になりました。論文の根幹に関わる基本的なことで、これからの宿題ですね。

 県庁に勤務して、子育てもしながら、学位取得を目指しています。今日は昨年11月に生まれた赤ちゃんも一緒です。

 

D論中間報告① 赤ちゃんをだっこしながら討論中。

D論中間報告①
赤ちゃんをだっこしながら討論中。

最後までおとなしくして、ママに協力しました。 2人ともお疲れさまでした。

D論中間報告②
最後までおとなしくして、ママに協力しました。2人ともお疲れさまでした。


 

卒論と修論はいよいよ大詰め ( 2017.01.23 )

 

 29日の卒論・修論発表会に向け、今日は発表のリハーサルでした。

 今年の修論は「沖縄県におけるサトウキビを活用した小規模加工・販売および関連事業に関する研究」、

 卒論は「沖縄県における子ども食堂の食材調達の実態と課題」、「訪日外国人による観光農園の利用形態と観光農園の受け入れ対応」、「都市部における民間企業経営型直売所の運営実態」、「沖縄県における小規模採卵養鶏の経営展開」の4本です。

 リハーサルという割には修正点が多いことは心配なのですが、あと少しですから、励まし合って乗り切って欲しいものです。

 

卒論リハーサル①

卒論リハーサル①
卒業論文をわかりやすくプレゼンします。

卒論リハーサル②

卒論リハーサル②
「 簡潔に時間内ではきはきと」を目指します。発表会といっても口頭試問ですから、がんばりましょう!


南城市のいちごハウス ( 2017.01.20 )

 

 今日は沖縄総合事務局の委員会の現地調査で南城市佐敷地区へ。(私だけですが)
 来月オープン予定のいちごハウスに伺ったのですが、今までみたことないタイプの、あまりにきれいなハウスで驚きました。ちょっとだけご紹介します。

 沖縄はいちごの生産量が少なく、実は一人当たりの消費量も少ないのですが、土地利用型ではなく、他府県に比べれば加温が少なくてすむことから、輸出も視野に入れたときに有望な品目の一つといえます。

 

 ここでは、まずは観光農園として摘み取りを体験してもらいながら生産拡大を目指そうという計画で、現在は沖縄での品種の適合性をチェックしながら5品種を栽培中です。

 

土足ではなく、靴を履き替えてから入ります。

土足ではなく、靴を履き替えてから入ります。

 

右側は車いす対応の通路です。

右側は車いす対応の通路です。

 気温、湿度、日照などはセンサーで感知し、ミストや(写真天井部分の)遮光カーテンの開け閉めなど、いずれはかなり自動化できるように設計されていました。写真はハウスの中央部分から向かって右半分のみで、実際にはこの2倍の長さがあります。

 新しい考え方、新しい技術が多く取り込まれているハウスでしたが、最新型かと思いきや、実は20年ほど前に建ったH鋼ハウスをリノベーションしたのだそうです。棚も一般的な資材で手作りしています。


 

もうすぐ卒論・修論発表会(2017.01.17)

 

 

 思った以上に苦労している人もいますが、学生生活の集大成ですから、何とか頑張って書きあげてほしいですね。

 


 

 

 

 

 

農業経済学研究室の忘年会(2016.12.22)

 

 

 まずは今年1年お疲れさまでした。来年は実り多い年となりますように。

農経忘年会です ことしは出かけずに演習室で。安上がりで楽しかったですね。

農経忘年会です
今年は出かけずに演習室で。安上がりで楽しかったですね。

農経忘年会(その2) 内藤教授は語る

農経忘年会(その2)
 内藤教授大いに語る
「ちゃんと勉強せな卒業できひんで~」

 

 


 

 

農業政策学で水利施設の視察をしました (2016.12.15)

 

 

 農業政策学講義の一環として、沖縄総合事務局にご協力いただき、国営かんがい排水事業 沖縄本島南部地区の水利施設の視察をさせていただきました。

 どのような仕組みで農業用水が届いているか、かんがい排水事業では何を整備しているのか学ぶことができました。学生たちにとっては、行政や土地改良区の役割がわかったことも、将来の職業を考える上で良かったと思います。

 

慶座地下ダム

慶座地下ダム

地下ダムの仕組みがわかります(慶座地下ダム)

地下ダムの仕組みがわかります(慶座地下ダム)

 

沖縄本島南部土地改良区 中央管理所

沖縄本島南部土地改良区 中央管理所

 


今年はこんなところに行ってきた!(2016.12.14)

沖縄県中央卸売市場 早朝の取引の様子を見学させてもらいました。

沖縄県中央卸売市場
早朝の取引の様子を見学させてもらいました。

市場の食品廃棄物リサイクル施設 食品が流通するところ、必ず廃棄物が発生します。

市場の食品廃棄物リサイクル施設
食品が流通するところ、必ず廃棄物が発生します。

 

 

 

 

 

 

 

 

沖縄県花卉園芸農業協同組合 「太陽の花」の出荷施設

沖縄県花卉園芸農業協同組合
「太陽の花」の出荷施設

宮古島での農村調査実習 今年の農村調査実習は「宮古島さるかの里」でお世話になりました。

宮古島での農村調査実習
今年の農村調査実習は「宮古島さるかの里」でお世話になりました。

五大学合同ゼミ 今年は琉大がホスト校でした

五大学合同ゼミ
今年は琉大がホスト校でした

五大学合同ゼミ② 台風接近中でしたが、やんばるの自然について学ぶことができました。

五大学合同ゼミ②
台風接近中でしたが、やんばるの自然について学ぶことができました。

五大学合同ゼミ③ せっかくなので島豆腐もつくってみた

五大学合同ゼミ③
せっかくなので島豆腐もつくってみた

 

  • 琉球大学 農学部の特徴 琉大 農学部へ行こう! 亜熱帯の沖縄でしか、できないことがある。
language
language
  • 研究室 紹介 あなたが興味のある研究室を探してみよう!
  • 進学をご検討の方へ 琉球大学農学部入試案内
  • 大学院進学をご検討の方へ 大学院進学案内
  • 在学生・卒業生の方へ 農学部学務担当からの案内
  • 農学部 教職員の方へ 農学部 総務係からの案内
  • 亜熱帯フィールド科学教育研究センター
  • 琉球大学資料館 風樹館
  • 琉大 農学部 概要 パンフレットPDFを見る
  • 琉球大学 農学部同窓会
  • 琉球大学 農学部教育後援会
  • 国立大学法人 琉球大学