食品化学研究室

研究内容

沖縄の農産物のおいしさと、健康の維持増進に役立つ成分について研究しています。

 

食品化学研究室

健康栄養科学コース・教授  和田浩二 (わだ こうじ)

食品機能科学コース・教授  高良健作 (たから けんさく)

健康栄養科学コース・准教授  ヨナタン アシキン

 

サトウキビを研究素材にしています

沖縄の特産物といえばサトウキビ!砂糖を得るために沖縄で広く栽培されていますが、実は砂糖以外にも様々な二次代謝産物を生成し,黒糖に存在しています.我々はこれらの低分子のフェノール化合物に着目し,その構造解析や分析を行っています.

 

食品の香りや味について分析しています

パイナップルの香気成分をガスクロマトグフィーを用いて調べています.食品中の香り成分は濃度が極めて稀薄です。いくら分析機器が高性能でも分析に限界があります.そこで食品から、いかに香気成分をたくさん抽出できるかも重要な課題。分析の結果は果物の熟成や加工,あるいは保存中に起こる成分変化の解明に役立ちます.

 

野菜や果物の食品機能性を評価しています

沖縄県ではトロピカル野菜や果物がたくさんあります.本土と比べると珍しくても、東南アジアや中南米と共通性が高い食材が多いとも言えます。我々は,こうした沖縄で栽培される豊富な野菜や果物の抗酸化性、血圧上昇抑制能などの食品機能性物質の分析や構造解析を行っています.

 

2020年2月の卒業・修士論文発表会のタイトル

本研究室の卒業論文発表会および修士論文発表会の発表タイトルを並べました.

 

【修士論文発表】

●包装形態の異なる黒糖の貯蔵に伴う香気特性の変化

●ヒハツモドキ乾燥果実が前駆脂肪細胞(3T3-L1)の脂肪蓄積および糖代謝に与える影響

 

【卒業論文発表】

●バガス由来ポリフェノール画分の成分同定 

●ヘチマ中のGABA生成酵素の特性について

●ヘチマスムージーのGABA含量および陰膳法によるGABA推定摂取量

●島トウガラシの食品機能について

●固相マイクロ抽出法によるヒハツモドキ乾燥果実の香気成分の分析

●ヘチマの加熱調理により生成する特徴香の分析

●低密度ポリエチレンパウチ抽出法による黒糖香気成分の分析

●加工温度がヒハツモドキ果実の成分および脂肪前駆細胞3T3-L1の細胞毒性に与える影響

●加工温度の異なるヒハツモドキ乾燥果実が脂肪前駆細胞3T3-L1の分化と脂肪蓄積に与える影響

 

 

 

  • 琉球大学 農学部の特徴 琉大 農学部へ行こう! 亜熱帯の沖縄でしか、できないことがある。
language
language
  • 研究室 紹介 あなたが興味のある研究室を探してみよう!
  • 進学をご検討の方へ 琉球大学農学部入試案内
  • 大学院進学をご検討の方へ 大学院進学案内
  • 国際交流活動について
  • 亜熱帯フィールド科学教育研究センター
  • 琉球大学資料館 風樹館
  • 琉大 農学部 概要 パンフレットPDFを見る
  • 琉球大学 農学部同窓会
  • 琉球大学 農学部教育後援会
  • 国立大学法人 琉球大学
  • 琉球大学 農学部学術報告