生物活性物質学研究室

研究内容

沖縄の生物資源(遺伝資源)から役に立つ化合物をみつける!!

_

教員名: 石井 貴広 (いしい たかひろ)

所属: 亜熱帯生物資源科学科 生物機能開発学分野

専門分野: 天然物科学,生物有機化学,創薬化学,農薬化学,化学生態学

_

研究室のコンセプト: 興味をもって楽しく研究しよう!!

_

主な研究内容

(亜熱帯)沖縄産未・低利用生物資源からの有用生物活性物質の探索

_

_

○ 沖縄産生物資源由来の創薬シード化合物の探索

   (北里大学北里生命科学研究所&琉球大学教育学部)

 

○ 沖縄の土壌や海洋に生息する希少な糸状菌からの新奇(活性)物質の探索

   (北里大学北里生命科学研究所)

 

○ 海洋生物(紅藻ソゾ・軟体動物アメフラシなど)に含まれる殺虫・害虫忌避活性物質の探索

   (千葉県立中央博物館分館海の博物館)

_

○ 植物ホルモン・オーキシンIAAの生合成阻害剤の探索

   (横浜市立大学木原生物学研究所)_

_

○ 沖縄の薬草(マンジェリコンなど)に含まれる抗糖尿病物質の探索

   ((株)マンジェリコン、(株)ケレス沖縄)

 

○ 沖縄の特産物(月桃やフクギなど)に含まれる薬理活性物質の探索

   (琉球大学農学部内)

 

○ ボルネオ島の未着手生物資源(軟体サンゴなど)からの”ものとり”研究

   (マレーシア国立サバ大学熱帯生物保全研究所&静岡理工科大学理工学部)

_ _

【 今後着手する予定の研究 】

○ 未定_

 

【 卒研生のテーマ 】

(平成29年度・学部4年生)

○ 大東島土壌由来の希少糸状菌 FKR-0031からの新規化合物の探索

○ 沖縄産ボルトジンユ及びマンジェリコン由来の抗糖尿病物質の探索

○ 紅藻ソゾ由来のコクゾウムシ忌避活性物質の探索

     1) 南田悠・三原義広・宮城美祐・石井貴広・菊地則雄・鈴木稔・松浦裕志

         『千葉県勝浦で採取されたマギレソゾLaurencia saitoi 由来の化合物の構造と生物活性』

         日本農芸化学会北海道支部第2回講演会

(平成28年度・学部4年生)

○ アメフラシからのオーキシン生合成阻害物質の探索

○ 紅藻モツレソゾ(Laurencia intricata)由来のコクゾウムシ忌避活性物質

     1) Ishii, T., Shinjo, Y., Miyagi, M., Matsuura, H., Abe, T., Kikuchi, N., Suzuki, M. 2018.

         Investigation of insect repellent activity of cyclocolorenone obtained from the red alga

         Laurencia intricataRecords of Natural Products in press.

○ 石垣島産マンジェリコンおよびボルトジンユ由来の抗酸化物質の探索

(平成27年度・学部4年生)

○ 海洋生物由来抽出物による線虫(Caenorhabditis elegans)の寿命延長効果

○ 津堅島産ミナミソゾ(Laurencia nidifica)から得られた殺虫活性物質ローリンテロール

  1) Ishii, T., Nagamine, T., Nguyen, B. C. Q., Tawata, S. 2017.

        Insecticidal and repellent activities of laurinterol from the Okinawan red alga Laurencia nidifica.

        Records of Natural Products 11(1), 63-68.

    2) 長嶺匠・ウェンガオクェンビン・多和田眞吉・石井貴広 『沖縄産ミナミソゾから得られた殺虫活性物質

    ローリンテロール(Insecticidal activity of  laurinterol from the Okinawan red alga Laurencia

    nidifica)』 日本農芸化学会2016年度大会

○ 沖縄産クロナマコ(Holothuria atra)由来のチロシナーゼ阻害活性物質の探索

○ 新規オーキシン生合成阻害剤の探索・スクリーニング

(平成26年度・学部4年生)

○ 嘉陽産リュウキュウソゾ由来化合物の活性評価

     1) Ishii, T., Taira, S., Hisada, W., Abe, T., Kikuchi, N., Suzuki, M.

         Chemical composition of the Okinawan Laurencia snackeyi and its chemotaxonomic significance.

         in preparation.

○ ジャノメアメフラシから得られた殺ブラインシュリンプ活性物質

_

【 卒業生の進路先 】

沖縄東邦、沖縄環境保全研究所、クミアイ化学工業、サンエー、JAおきなわ、シティバンク銀行、内閣府沖縄総合事務局、琉球大学大学院農学研究科

 

_

現在、一緒に研究を頑張ってくれる大学院生や研究生を募集中 😀 !!

他大学の学生さんも大歓迎です!!

農学部本館5階の538室にいますので、いつでも気楽に研究室見学に来てください。

また、いつでも遠慮なくメールか電話でお尋ねください。

 E-mail:ishiit☆agr.u-ryukyu.ac.jp (☆を@に変えてください。)

 TEL:098-895-8744

ojigi_man

_

研究経歴や研究業績等は琉球大学研究者データベースを参照してください。

http://kenkyushadb.lab.u-ryukyu.ac.jp/html/100000809_ja.html

  • 琉球大学 農学部の特徴 琉大 農学部へ行こう! 亜熱帯の沖縄でしか、できないことがある。
language
language
  • 研究室 紹介 あなたが興味のある研究室を探してみよう!
  • 進学をご検討の方へ 琉球大学農学部入試案内
  • 大学院進学をご検討の方へ 大学院進学案内
  • 亜熱帯フィールド科学教育研究センター
  • 琉球大学資料館 風樹館
  • 琉大 農学部 概要 パンフレットPDFを見る
  • 琉球大学 農学部同窓会
  • 琉球大学 農学部教育後援会
  • 国立大学法人 琉球大学