食品・栄養指導研究室

研究内容

島野菜活用術の探索!

体に優しい島野菜を活用して,健康で元気な生活をおくりましょう♪

教員名:宮城 一菜 (みやぎ かずな)

所属:亜熱帯生物資源科学科,健康栄養科学分野

専門分野:食品学,栄養指導,公衆栄養学

【 主な研究内容 】

● 伝統的農産物(島野菜)のメニュー開発を行っています

伝統的農産物とは「健康長寿県として注目される沖縄において,戦前から導入され,伝統的に食されてきた地域固有の野菜」と

定義されており,沖縄県内では別名「島ヤサイ」として親しまれています.この島野菜には,抗酸化作用などの栄養素が多く含まれて

おり,近年その機能性が注目されています.当研究室では,島野菜の消費拡大を目指した普及促進活動の取組みとして,季節毎に

出荷される島野菜を使用したメニュー開発を行っています。また,開発した島野菜メニューを琉球大学生協食堂にて販売し,多くの

方々に島野菜メニューを食べていただいています。

 

● 沖縄県産食品の「おいしさの評価」を研究しています

ヒトが食事をして「おいしい」と感じるのにはどの様な要因が関係しているのか?官能評価とは人間の五感を利用して行う

検査のことで,科学的に食品の「おいしさ」を評価できます.我々はこれまでに島野菜メニューや沖縄県産の豚肉・果実などに

ついての官能評価を実施しています.

● 島野菜や沖縄県産果実の食品機能性を評価しています

沖縄にはその独特な気候によって生み出された個性豊かな農産物が豊富にあります。我々はその島野菜や沖縄県産果実に

含まれる抗酸化力など機能性物質の分析を行っています.また,島野菜の抗酸化力を保持するために適した保蔵条件なども

調査しています。

 

< これまでの卒業論文テーマ >

・ 保蔵温度が島野菜の鮮度保持に及ぼす影響

・ 母子栄養の観点からみた島野菜の利用性 -生理機能性成分に着目して-

・ 保蔵温度が島野菜の抗酸化力に与える影響

・ 島野菜の消費拡大を目指したメニュー試作および栄養評価の検討

・ 偏りのない栄養素摂取を目指した野菜摂取のための指標の検討 -島野菜の普及拡大を視野にいれて-

 

 

           

< 島野菜メニュー 官能評価の様子 >          < 秋の島野菜フェアーの実施( in 生協食堂 ) >

 

 

            

< 秋の島野菜フェアーにて提供したメニュー >       < 冬の島野菜フェアー 展示用島野菜 >       

 

              

< 冬の島野菜フェアーにて提供したメニュー >          < 冬の島野菜フェアーにて提供したメニュー >         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 琉球大学 農学部の特徴 琉大 農学部へ行こう! 亜熱帯の沖縄でしか、できないことがある。
language
language
  • 研究室 紹介 あなたが興味のある研究室を探してみよう!
  • 進学をご検討の方へ 琉球大学農学部入試案内
  • 大学院進学をご検討の方へ 大学院進学案内
  • 在学生・卒業生の方へ 農学部学務担当からの案内
  • 農学部 教職員の方へ 農学部 総務係からの案内
  • 亜熱帯フィールド科学教育研究センター
  • 琉球大学資料館 風樹館
  • 琉大 農学部 概要 パンフレットPDFを見る
  • 琉球大学 農学部同窓会
  • 琉球大学 農学部教育後援会
  • 国立大学法人 琉球大学