応用動物学研究室

研究内容

家畜を低コストで生産!動物の消化吸収を遺伝子レベルでアプローチ

地域から出るバイオマスの環境負荷を低減した有効利用に関する研究や、効率的な家畜生産について遺伝子レベルから取り組んでいます。また野生動物や放牧家畜の行動を無線により計測する技術開発を行っています。

教員名:平山琢二 (ひらやま たくじ)

所属:亜熱帯地域農学科 農林共生科学分野

専門分野:畜産学・草地学, 応用動物科学

主な研究内容

img_1

バイオマスの利活用

地域から出る排出バイオマスを利活用した高度家畜生産技術の確立に関する取組を国や県と共同して取り組んでいます。

効率的な家畜生産e59bb311

和牛には成長に大きく関与するGH遺伝子型が存在することが分かってきました。それらの生理的特徴を活かして内分泌機構をコントロールすることで効率的な家畜生産技術の確立を目指して他大学と共同でと組んでいます。

894-9418_img動物の行動計測

野生動物や放牧家畜が今どこで何をしているのか?をリアルタイムに計測可能なシステムの開発を国と共同で取り組んでいます。

e382a6e382b7e3839ee383bce382af1

    http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~donald/animal.html
  • 琉球大学 農学部の特徴 琉大 農学部へ行こう! 亜熱帯の沖縄でしか、できないことがある。
language
language
  • 研究室 紹介 あなたが興味のある研究室を探してみよう!
  • 進学をご検討の方へ 琉球大学農学部入試案内
  • 大学院進学をご検討の方へ 大学院進学案内
  • 在学生・卒業生の方へ 農学部学務担当からの案内
  • 農学部 教職員の方へ 農学部 総務係からの案内
  • 亜熱帯フィールド科学教育研究センター
  • 琉球大学資料館 風樹館
  • 琉大 農学部 概要 パンフレットPDFを見る
  • 琉球大学 農学部同窓会
  • 琉球大学 農学部教育後援会
  • 国立大学法人 琉球大学