記事詳細

RSS

栄養生化学 研究室

2014年 3月18日

記事イメージ

沖縄産植物、沖縄伝統食品中の生理活性物質に関する研究など

教員名:玉城一 (たまき はじめ)

所属:亜熱帯生物資源科学科 食品機能科学分野

専門分野:食品科学, 応用生物化学

主な研究内容

沖縄の人々は恵まれた生物資源をうまく利用し、健康的でユニークな食文化を築きあげてきました。沖縄伝統食が世界一の長寿を支えてきたことは、数々の疫学的研究により証明されています。私たちの研究室では、沖縄の食資源、特に沖縄産植物が健康にいいということを、栄養生化学的に解明すべく研究を行っています。その他にも沖縄伝統食の成分変化に関する研究、海ぶどうの新しい施肥法の開発に関する研究なども行っています。

ツルナ

ツルナ

海ぶどう

海ぶどう

ツルムラサキの抗酸化成分を精製中です

ツルムラサキの抗酸化成分を精製中です

黒糖分析中

黒糖分析中

洗いものはオイラに任せて!

洗いものはオイラに任せて!

  • 琉球大学 農学部の特徴 琉大 農学部へ行こう! 亜熱帯の沖縄でしか、できないことがある。
language
language
  • 研究室 紹介 あなたが興味のある研究室を探してみよう!
  • 進学をご検討の方へ 琉球大学農学部入試案内
  • 大学院進学をご検討の方へ 大学院進学案内
  • 在学生・卒業生の方へ 農学部学務担当からの案内
  • 農学部 教職員の方へ 農学部 総務係からの案内
  • 亜熱帯フィールド科学教育研究センター
  • 琉球大学資料館 風樹館
  • 琉大 農学部 概要 パンフレットPDFを見る
  • 琉球大学 農学部同窓会
  • 琉球大学 農学部教育後援会
  • 国立大学法人 琉球大学