loader image
研究室
トピックス

生物活性物質学研究室

研究内容

亜熱帯沖縄の生物遺伝資源から役に立つ化合物をみつける!!

生物活性物質学研究室

興味をもって楽しく研究しよう!!

教員名 石井 貴広
所属 亜熱帯生物資源科学科  生物機能開発学
専門分野 天然物科学 /生物活性物質学 /水産化学 /創薬化学 /農薬化学 /化学生態学

主な研究内容

(亜熱帯)沖縄産未・低利用生物資源からの有用生物活性物質の探索

 

○ 沖縄産生物資源由来の創薬シード化合物の探索
(北里大学大村智記念研究所、琉球大学教育学部)
○ 沖縄の土壌や海洋に生息する希少糸状菌からの新奇(活性)物質の探索
(北里大学大村智記念研究所、帝京科学大学生命環境学部)
○ 沖縄産海洋生物由来の微生物が生産する新奇(活性)物質の探索
(琉球大学熱帯生物圏研究センター)
○ 海洋生物 (紅藻ソゾ・軟体動物アメフラシなど)に含まれる害虫忌避活性物質の探索
(静岡理工科大学理工学部、大阪公立大学理学部、千葉県立中央博物館分館海の博物館)
○ 沖縄の特産物(月桃やフクギなど)に含まれる薬理活性物質の探索
(有限会社バイオシステムコンサルティング・PAK総合研究所)
○ ボルネオ島の未着手生物資源(軟体サンゴなど)からの“ものとり”研究
(マレーシア国立サバ大学熱帯生物保全研究所)

【 今後着手する予定の研究 】

○ 沖縄生物資源からの農薬シーズの探索

【 当研究室所属メンバーのテーマ 】

(令和6年度)
JSPS/PD研究員(1), 博士3年(1), 博士1年(DC1)(1), 修士2年(3), 修士1年(1), 4年生(3), 3年生(未定): 10名

(修士2年生)
○ (仮)西洲産 Sarcophyton 属軟体サンゴ由来の新規二次代謝産物の解析
○ (仮)陸上植物由来の潜在的な日焼け止め開発シード化合物の探索
○ (仮)GC-MSによる紅藻ホソバナミノハナ由来香気成分の分析

(学部4年生)
○ (仮)軟体サンゴ由来二次代謝産物の魚類寄生虫に対する機能性評価
○ (仮)沖縄産ハナヅタが生産する新規二次代謝産物の探索
○ (仮)津堅島産ジャノメアメフラシ由来の二次代謝産物の解析 

1) Ishigami, S., Fukada, R., Nagasaka, G., Tsuruta, T., Nishikawa, K., Sasaki, Y., Nimura, K., Oshima, I.,
Yamagishi, Y., Morimoto, Y., Kamada, T., Ishii, T. New halogenated cyclic monoterpenoid with
anti-biofouling activity from Japanese red alga Portieria hornemanni.
The 9th Asian Pacific Phycological Forum.

2) Fukada, R., Nishikawa, K, Nimura, K., Oshima, I., Takizawa, S., Morimoto, Y., Yamagishi, Y., Kikuchi, N.,
Ishii, T., Kamada, T. New antifouling brominated diterpenes from Japanese red alga genus Laurencia.
The 9th Asian Pacific Phycological Forum. (Student Poster Presentation Award)

3) 谷和樹 『喜界島産の軟サンゴが生産する抗魚類疾病活性物質の探索』
令和6年度 喜界島アオサンゴ研究助成

(令和5年度)
JSPS/PD研究員(1), 博士2年(1), 修士2年(2), 修士1年(3), 4年生(4), 3年生(3): 14名

(修士2年生)
○ 沖縄県産ソフトコーラル Clavularia viridis 由来 Trinor-guaiane 型セスキテルペン
○ 造礁サンゴ由来の海洋微生物 Pseudoalteromonas sp. および Vibrio sp. が生産する抗菌物質の同定

(学部4年生)
○ ジャノメアメフラシ由来二次代謝産物の探索 -与勝諸島-
○ 造礁サンゴ (Acropora digitifera) 共在微生物の生産する抗菌物質の探索
○ 国頭村および外地島産糸状菌が生産する二次代謝産物
○ 中城村産養殖アオサに含まれるビタミンB₁₂ の抽出方法の検討

1) 長坂弥咲・谷和樹・髙島かれん・和田将弘・若月美佑・Ng Shean-Yeaw・石井貴広
『沖縄県産ウミヅタ科ソフトコーラル由来の二次代謝産物の解析』
第67回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会

2) 石上慎之甫・鈴木綾乃・八木郁哉・高田晃瑠・川野仁・二村和視・大島伊織・鎌田昂・石井貴広
『沖縄県産軟体サンゴの化学防御機構に着目した抗マリングロス活性物質の探索』
第67回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会

3) 深田崚介・山岸幸正・長坂弥咲・長田大輝・二村和視・大島伊織・辻本夏月・桐原正之・滝澤忍・
菊地則雄・石井貴広・鎌田昂
『日本産紅藻ヒメソゾ由来の新規含臭素ジテルペンの構造とムラサキイガイ着生阻害活性』
第67回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会(ベストプレゼンテーション賞受賞

4) 石上慎之甫 『喜界島の浅海に分布する軟体サンゴの化学分類』
令和5年度 喜界島アオサンゴ研究助成

5) 石上慎之甫『沖縄本島の浅海に分布するソフトコーラルの化学分類』
2023年度 鈴木祥平海洋生物研究助成

6) 長坂弥咲 『沖縄本島の浅海に生息する Clavularia 属軟体サンゴの化学成分分析』
2023年度 鈴木祥平海洋生物研究助成

7) Janthanom, R., Kikuchi, Y., Kanto, H., Hirose, T., Tahara, A., Ishii, T., Thamchaipenet, A., Inahashi, Y.
2024. A new analog of dihydroxybenzoic acid from Saccharopolyspora sp. KR21-0001.
Beilstein Journal of Organic Chemistry 20, 497–503.

8) Ishigami, S., Fukada, R., Nagasaka, G., Tsuruta, T., Nishikawa, K., Sasaki, Y., Nimura, K., Oshima, I.,
Yamagishi, Y., Morimoto, Y., Kamada, T., Ishii, T. 2024. Halogenated cyclic monoterpenoids with
anti-biofouling activity from the Okinawan red marine algae Portieria hornemannii.
Chemistry & Biodiversity in press.

(令和4年度)
博士1年(1), 修士2年(2), 修士1年(2), 4年生(3), 3年生(4): 12名

(修士2年生)
○ 座間味島由来糸状菌 Mariannaea sp. FKR-1011株が生産する新規ジテルペノイドピロン
○ 与勝諸島に生育する紅藻ソゾ由来の新規二次代謝産物

(学部4年生)
○ 未利用資源アオモジ由来のAGEs生成阻害作用
○ 沖縄県産 Sinularia 属ソフトコーラルが生産するフラノセスキテルペン類
○ 沖縄県産植物由来の日焼け止めシーズの探索

1) 若月美佑・和田将弘・野中健一・渡邊善洋・廣瀬友靖・本庄雅子・浅見行弘・岩月正人・松井秀仁・
砂塚敏明・花木秀明・照屋俊明・石井貴広
『座間味島由来糸状菌 Mariannaea sp. FKR-1011株が生産する新規ジテルペノイドピロン』
第66回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会

2) 田原愛里寿・石上慎之甫・長坂弥咲・鎌田昂・石井貴広
『与勝諸島に生育する紅藻ソゾ由来の新規二次代謝産物』
第66回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会

3) 長坂弥咲・谷和樹・西川慶祐・金城梨李・石井貴広
『沖縄県産ソフトコーラル Sinularia sp. から得られた新規フラノセンブラノイド』
第66回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 (ベストプレゼンテーション賞受賞

4) 石上慎之甫・佐藤光将・伊藤銀志・川野仁・髙部稚子・鎌田昂・石井貴広
『沖縄県産の軟体サンゴから得られた新規骨格を有するジテルペンの化学構造と生物活性』
第66回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会

5) 深田崚介・川野仁・野中拓渡・佐藤光将・石上慎之甫・石井貴広・浅川義範・鎌田昂
『静岡県産ムチゴケ類が生産するテルペン類の化学構造と生物活性』
第66回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会

6) Kinjo, R., Ishii, T., Mori, S., Sakai, K., Shinzato, N., Ito, M.
Identification of antimicrobial substances produced by marine microorganisms from reef-building corals.
日本農芸化学会2023年度大会,広島,2023年3月14日.

7) Fukada, R., Kawano, J., Tsuruta, T., Nonaka, T., Sato, K., Miyazawa, S., Ishigami, S., Ishii, T.,
Nishikawa, K., Asakawa, Y., Kamada, T. 2023. Two new eremophilane-type sesquiterpenoids from
Japanese liverwort Bazzania japonica. Chemistry & Biodiversity 20, e202300131.(表紙に選出

8) Sato, K., Ishigami, S., Koike, M., Takegahara, H., Yamamoto, A., Kaneko, K., Tani, K., Ishii, T.,
Kamada, T. 2023. New marine diterpenoid from the Okinawan soft coral, Lobophytum sp.
Natural Product Communications 18, 1934578X221075978.

9) Nagasaka, M., Tani, K., Wada, M., Wakatsuki, M., Ng, S. Y., Ishii, T. 2023.
A new briarane diterpene, briarlide S from Okinawan soft coral Pachyclavularia violacea.
Chemistry of Natural Compounds 59, 697–700.

10) Nagasaka, M., Isa, H., Tahara, A., Fukada, R., Kamada, T., Ishii, T. 2023.
Diversity of halogenated secondary metabolites in Okinawan Aplysia argus including
12-hydroxypinnaterpene C and their feeding targets.
Chemistry & Biodiversity 20, e202300791.(表紙に選出

11) Taba, K., Honsho, M., Asami, Y., Iwasaki, H., Nonaka, K., Watanabe, Y., Iwatsuki, M., Matsui, H.,
Hanaki, H., Teruya, T., Ishii, T. 2023. Synergistic effect of secondary metabolites isolated from
Pestalotiopsis sp. FKR-0115 in overcoming β-lactam resistance in MRSA.
Journal of General and Applied Microbiology 69, 234–238.

12) Fukada, R., Yamagishi, Y., Nagasaka, M., Osada, D., Nimura, K., Oshima, I., Tsujimoto, K., Kirihara, M.,
Takizawa, S., Kikuchi, N., Ishii, T., Kamada, T. 2023. Antifouling brominated diterpenoids from
Japanese marine red alga Laurencia venusta Yamada. Chemistry & Biodiversity 20, e202300888.

13) Tahara, A., Tani, K., Wakatsuki, M., Tokiwa, T., Higo, M., Nonaka, K., Hirose, T., Iwatsuki, M.,
Watanabe, Y., Honsho, M., Asami, Y., Matsui, H., Sunazuka, T., Hanaki, H., Teruya, T., Ishii, T. 2023.
A novel aromatic compound from the fungus Synnemellisia sp. FKR-0921.
Journal of Antibiotics 76, 706–710.

14) Ishii, T., Tahara, A., Taba, K., Iwatsuki, M., Honsho, M., Asami, Y., Nonaka, K., Hanaki, H., Teruya, T.
2023. A new isomaneonene derivative from the red alga Laurencia cf. mariannensis.
Journal of Asian Natural Products Research 25, 704–710.

(令和3年度)
修士2年(4), 修士1年(2), 4年生(3), 3年生(3): 12名

(修士2年生)
○ 沖縄県産ウネタケ属軟体サンゴ由来の新規ジテルペンの構造解析と活性評価
○ 糸状菌 Exserohilum mcginnsii FKR-0422株が生産する抗マラリア活性物質
○ 沖縄マンジェリコンの化学成分分析
○ 久米島および座間味島由来の希少糸状菌が生産する二次代謝産物

(学部4年生)
○ 伊計島産ジャノメアメフラシに含まれる(ゴマダラカミキリに対する)害虫忌避物質の探索
○ 造礁サンゴ由来海洋微生物が生産する抗菌物質の探索
○ 沖縄県産ソフトコーラル Sinularia sp. から得られた新規二次代謝産物の解析

1) 田場郁奈子・又吉菜月・中村海太・中藤菜穂美・鎌田昂・石井貴広
『沖縄マンジェリコンの化学成分分析』
第65回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会

2) Ishii, T., Matayoshi, N., Taba, K., Kamada, T. 2022.
Two new abietane diterpenoids from Plectranthus barbatus.
Chemistry of Natural Compounds 58, 474–477.

3) Nagasaka, M., Tani, K., Nishikawa, K., Kinjo, R., Ishii, T. 2022.
Furanocembranoid from the Okinawansoft coral Sinularia sp.
Natural Products and Bioprospecting 12, 7.

4) Ishii, T., Sato, K., Ito, G., Kawano, J., Takabe, W., Phan, C. S., Ishigami, S., Kamada, T. 2022.
Unusual cembrane diterpenoid isolated from the Japanese soft coral genus Sinularia.
Heterocycles 104, 797–803.

5) Minamida, Y., Matsuura, H., Ishii, T., Miyagi, M., Shinjo, Y., Sato, K., Kamada, T., Mihara, Y.,
Togashi, I, Sugimoto, K., Abe, T., Kikuchi, N., Suzuki, M. 2022.
New acetogenin katsuurallene from Laurencia saitoi collected from Katsuura, Japan.
Natural Products and Bioprospecting 12, 10.

(令和2年度)
協力研究員(1), 修士1年(4), 4年生(4), 3年生(3): 12名

(学部4年生)
○ 青枯れ病に対して高い選択性を示すオオバギ由来抗菌物質の探索
○ 沖縄産ソフトコーラル由来センブラン型ジテルペンの多様性
○ 沖縄県産紅藻フクレソゾが生産する主要二次代謝産物の解析
○ 化学成分分析によるマンジェリコンとボルトジンユの比較

1) 佐藤光将・金子賢介・亀川剛・阿部剛史・田場郁奈子・石上慎之甫・石井貴広・鈴木稔・鎌田昂
『紅藻ウラソゾ由来の新規含臭素セスキテルペンの構造と生物活性』
第64回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会

2) 谷和樹・鎌田昂・パンチンスン・バイラパンチャールズサンタナラジュ・石井貴広
『熱帯・亜熱帯域に分布する軟体サンゴ由来の活性物質』
第64回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 (ベストプレゼンテーション賞受賞

3) Sato, K., Kaneko, K., Kamekawa, T., Taba, K., Ishigami, S., Wada, M., Ishii, T., Abe, T., Kamada, T.,
Suzuki, M. 2021. Two new halogenated compounds from the marine red alga Laurencia nipponica
Yamada from the Kunashiri and Etorofu Islands. Chemistry & Biodiversity 18, e2100397.

(令和元年度・学部4年生)
○ 南大東島土壌由来糸状菌 FKR-0355 株が生産する抗マラリア活性物質の探索
○ 沖縄県産パッションフルーツに含まれる機能性物質の分析
○ イネ科植物ベチバーからの殺線虫活性物質の探索
○ 沖縄産ソフトコーラルおよび関連糸状菌に含まれる二次代謝産物の解析

1) 石上慎之甫・石井貴広・田場郁奈子・宮城美祐・阿部剛史・菊地則雄・鈴木稔
『沖縄産紅藻ソゾが産生する種々の二次代謝産物の分析と活用』
第63回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会

2) 石上慎之甫・石井貴広・田場郁奈子・宮城美祐・鎌田昂・阿部剛史・菊地則雄・鈴木稔
『沖縄県産の紅藻ソゾ属が生産する二次代謝産物の化学成分分析とその有効利用』
令和元年度 沖縄農業研究会・南方資源利用技術研究会合同研究発表会

3) Ishii, T., Hisada, W., Abe, T., Kikuchi, N., Suzuki, M. 2020.
A new record of the marine red alga Laurencia snackeyi from Japan and its chemotaxonomic
significance. Records of Natural Products 14, 150–153.

(平成30年度・学部4年生)
○ 大東島産希少糸状菌 FKR-0069 株の二次代謝産物の生産能について
○ 糸状菌 FKR-0078 株由来メロペネム耐性克服活性物質の探索
○ 沖縄生物資源由来メロペネム耐性克服活性物質の探索
○ 大東島土壌由来 FKR-2 株が生産する抗緑膿菌活性物質の探索

1) Ishii, T., Miyagi, M., Shinjo, Y., Minamida, Y., Matsuura, H., Abe, T., Kikuchi, N., Suzuki, M.
2019. Two new brominated C15-acetogenins from the red alga Laurencia japonensis.
Natural Product Research 34, 2787–2793.

2) Ishii, T., Shinjo, Y., Miyagi, M., Matsuura, H., Abe, T., Kikuchi, N., Suzuki, M. 2019.
Investigation of insect repellent activity of cyclocolorenone obtained from the red alga
Laurencia intricata. Records of Natural Products 13, 81–84.

(平成29年度・学部4年生)
○ 大東島土壌由来の希少糸状菌 FKR-0031からの新規化合物の探索
○ 沖縄産ボルトジンユ及びマンジェリコン由来の抗糖尿病物質の探索
○ 紅藻ソゾ由来のコクゾウムシ忌避活性物質の探索

(平成28年度・学部4年生)
○ アメフラシからのオーキシン生合成阻害物質の探索
○ 紅藻モツレソゾ(Laurencia intricata)由来のコクゾウムシ忌避活性物質
○ 石垣島産マンジェリコンおよびボルトジンユ由来の抗酸化物質の探索

1) 南田悠・三原義広・宮城美祐・石井貴広・菊地則雄・鈴木稔・松浦裕志
『千葉県勝浦で採取されたマギレソゾLaurencia saitoi 由来の化合物の構造と生物活性』
2017年日本農芸化学会北海道支部第2回講演会

2) Ishii, T., Nagamine, T., Nguyen, B. C. Q., Tawata, S. 2017.
Insecticidal and repellent activities of laurinterol from the Okinawan red alga Laurencia nidifica.
Records of Natural Products 11, 63–68.

(平成27年度・学部4年生)
○ 海洋生物由来抽出物による線虫(Caenorhabditis elegans)の寿命延長効果
○ 津堅島産ミナミソゾ(Laurencia nidifica)から得られた殺虫活性物質ローリンテロール
○ 沖縄産クロナマコ(Holothuria atra)由来のチロシナーゼ阻害活性物質の探索
○ 新規オーキシン生合成阻害剤の探索・スクリーニング

1) 長嶺匠・ウェンガオクェンビン・多和田眞吉・石井貴広 『沖縄産ミナミソゾから得られた殺虫活性物質
ローリンテロール(Insecticidal activity of laurinterol from the Okinawan red alga Laurencia nidifica)』
日本農芸化学会2016年度大会

(平成26年度・学部4年生)
○ 嘉陽産リュウキュウソゾ由来化合物の活性評価
○ ジャノメアメフラシから得られた殺ブラインシュリンプ活性物質

1) 大城華・ファムティベトゥ・石井貴広・多和田眞吉 『ヘンナの抗肥満および抗糖尿病効果』
日本農芸化学会2015年度大会

【 卒業生・修了生の進路先 】
沖縄総合事務局、沖縄環境保全研究所、沖縄コカ・コーラボトリング、沖縄東邦、沖縄臨床検査センター、アルプス技研、うえむら病院、エッカ石油、オキハム、オリオンビール、クミアイ化学工業、サンエー、サントリーフーズ沖縄、JAおきなわ、ジーケイフーズ、シティバンク銀行、JASMINEどうぶつ総合医療センター、食品環境検査協会、セルメディカ、高砂香料工業、南西環境研究所、日本食研、メナード化粧品、UCC上島珈琲、りゅうせき、琉球大学大学院農学研究科、琉球大学大学院医学研究科、鹿児島大学大学院連合農学研究科

【 紅藻ソゾ由来の二次代謝産物に関するデータベース 】
(現在、更新中)
共同研究者の鈴木 稔 博士(紅藻ソゾの化学成分分析の世界的権威)が作成された
データベースです。現在までに報告されている1000近くの化合物が収録されています。
是非ご活用ください。
http://laurencia-database.jp/
一例: 紅藻ソゾから初めて単離・同定された含ハロゲン化合物の Laurencin

一緒に研究を頑張ってくれる大学院生や研究生を常に募集中 😀 !!
農学部本館5階の中(C)527室(研究室は隣の528室)にいますので、
いつでも気楽に研究室見学に来てください。
他大学の学生さんも大歓迎です!!
県外(学外)からの研究室見学や院試にも毎年対応していますので安心してください。

また、企業様からのお問い合わせや技術相談にも可能な限り対応致します。
https://iicc.skr.u-ryukyu.ac.jp/matching/seeds/agriculture/2086.php

皆様、いつでも遠慮なくメールか電話でお尋ねください。
 E-mail:ishiit☆agr.u-ryukyu.ac.jp (☆を@に変えてください。)
 TEL:098-895-8744

私の研究経歴や研究業績等は琉球大学研究者データベース等を参照してください。
http://kenkyushadb.lab.u-ryukyu.ac.jp/html/100000809_ja.html
https://researchmap.jp/7000013967

トップに戻る
お問い合わせ・資料請求