琉球大学 農学部国際交流活動 University of the Ryukyus Faculty of Agriculture International Exchange Activities

農学部が取り組んでいる国際交流活動の内「国際農学プログラム」と「国際ワークショップ」の二つを紹介します。 We would like to introduce our international exchange activities.

 

国際ワークショップInternational Agricultural Program

2017年 サマースクール スナップ写真
  • 2017年 サマースクール スナップ写真
  • 2017年 サマースクール スナップ写真
  • 2017年 サマースクール スナップ写真
  • 2017年 サマースクール スナップ写真
  • 2017年 サマースクール スナップ写真
  • 2017年 サマースクール スナップ写真
  • 2017年 サマースクール スナップ写真
  • 2017年 サマースクール スナップ写真
  • 2017年 サマースクール スナップ写真
  • 2017年 サマースクール スナップ写真
  • 2017年 サマースクール スナップ写真
  • 2017年 サマースクール スナップ写真
  • 2017年 サマースクール スナップ写真
  • 2017年 サマースクール スナップ写真

国際農学プログラムは、アジア・太平洋地域を拠点とする熱帯・亜熱帯の農林業の発展に寄与できる高度な専門知識・技術の習得、食・農・環境・資源の課題に関する教育・研究を教育コースに付加し、新たな農学を国際的な視点から先導的に推進できる力を養うことを目的としています。

学内での熱帯・亜熱帯農業に関する授業の他、コンケン大学(タイ)、ボゴール農科大学(インドネシア)、ルフナ大学(スリランカ)、シュレバングラ農科大学(バングラデシュ)等の協定拠点大学と連携してサマースクールを夏休みに開催し、修士課程の大学院生を協定拠点大学が所在する国々へ派遣します。

2018年度のサマースクールは9月に開催され、コンケン大学(タイ)、ボゴール農科大学(インドネシア)、ルフナ大学(スリランカ)へ合計9名を約20日間派遣しました。派遣学生らは、協定拠点大学の教員のコーディネートによるフィールドワーク、インターンシップ、視察、現地学生との交流会に参加し多くのことを学びました。

The International Agricultural Program is an education and research program on the acquisition of advanced expertise and skills that can contribute to the development of tropical and subtropical agriculture and forestry based in the Asia-Pacific region, food, agriculture, environment and resources issues.
It aims to cultivate the ability to lead new agricultural science from an international perspective.

In addition to classes on tropical and subtropical agriculture in our university, we also work with universities such as Khon Kaen University (Thailand), Bogor Agricultural University (Indonesia), University of Ruhuna (Sri Lanka), Sher-e-Bangla Agricultural University (Bangladesh).

The summer school will be held during the summer vacation, and graduate students of the master's program will be dispatched to the countries where the agreement base university is located.
A summer school for 2018 was held in September and a total of nine students were dispatched to Khon Kaen University, Bogor Agricultural University, University of Ruhuna for about 20 days. Students participated in fieldwork, internship, tours, exchanges with local students through coordination of faculty members of agreement base universities and learned a lot.

  • 2017年 サマースクール レポート(抜粋)
  • 2017年 サマースクール レポート(抜粋)
  • 2017年 サマースクール レポート(抜粋)
2017年 サマースクール レポート(抜粋)
 

国際農学プログラム(IAP-2019)、スリランカでの国際シンポジウム開催(冬季コース)International Agricultural Program, IAP-2019 : International Symposium in Sri Lanka (Winter Course)

Some pictures at IAP symposium in Sri Lanka, 2019
  • Some pictures at IAP symposium in Sri Lanka, 2019
  • Some pictures at IAP symposium in Sri Lanka, 2019
  • Some pictures at IAP symposium in Sri Lanka, 2019
  • Some pictures at IAP symposium in Sri Lanka, 2019
  • Some pictures at IAP symposium in Sri Lanka, 2019

琉球大学農学部は、2019年2月28日にスリランカ民主社会主義共和国のワドゥワにあるブルー・ウォーター・ホテルで行われた現地ルフナ大学農学部主催の国際農業環境シンポジウム2019(ISAE2019)と連携する形で、IAP(国際農学プログラム)シンポジウムを開催しました。

スリランカ当該地域の農業・灌漑・農村経済大臣であるアメール・アリ氏がISAE2019の主賓として招待されており、またルフナ大学の現学部長や歴代の学部長を含む7名の教員、同大学の学生の他、日本、インドネシアおよびバングラデシュからの9名もIAPシンポジウムに同席しました。そこではIAPに参加する学生をはじめIAPの連携大学のメンバーにより計5つの学術論文についてのプレゼンテーションが行われています。

今回のシンポジウムを通して、日本、インドネシア、バングラデシュからの参加者は、植物についてはもちろん、生物多様性、農業、海洋資源、環境、文化や経済に至るまで幅広い知識を得ることができ、連携大学間のIAPの活動を促進する上で役立つものとなりました。

Faculty of Agriculture, University of the Ryukyus organized an IAP symposium jointly with the International Symposium on Agriculture and Environment (ISAE 2019) hosted by the Faculty of Agriculture, University of Ruhuna on February 28, 2019 at the Blue Water Hotel, Wadduwa, Sri Lanka.

Mr. Ameer Ali, the honorable state minister of agriculture, irrigation and rural economic affairs, Sri Lanka was the chief guest of the ISAE symposium.
Seven professors including present and former deans, and some students from University of Ruhuna, and nine participants from Japan, Indonesia and Bangladesh attended the IAP-symposium.

Five scientific papers were presented by the IAP students and academic members of the partner universities.

The participants from Japan, Indonesia and Bangladesh learnt a lot about the plant and animal diversity, agriculture and marine resources, environment, culture, economy, etc., which help to promote IAP activities among the partner universities.