農産施設工学研究室

研究内容

物理的(圧力,電気,超音波)手法による農産物の高品質化に関する研究を行っています。

教員名:弘中和憲 (ひろなか かずのり)

所属:地域農業工学科,バイオシステム工学分野

専門分野:農産施設工学,食品工学

e3839be383bce383a0e3839ae383bce382b8e794a8e58699e79c9f3

主な研究内容

1.真空含浸法による農産物のビタミンC強化

農産物をビタミンC溶液に減圧化で浸漬し,ビタミンC強化農産物をつくり出します。ミネラルやポリフェノールでも実験し,新しい機能性農産物をつくります。

Hironaka et al. (2011): Ascorbic acid enrichment of whole potato tuber by vacuum-impregnation, Food Chemistry, 127(3), 1114-1118.

e3839be383bce383a0e3839ae383bce382b8e794a8e58699e79c9fefbc88e79c9fe7a9bae590abe4beb5efbc89e291a02
e3839be383bce383a0e3839ae383bce382b8e794a8e58699e79c9fefbc88e79c9fe7a9bae590abe4beb5efbc89e291a1

2.電気処理による農産物の機能性増強

農産物を電気処理し,農産物の機能性を増強します。

アメリカTime誌,電子版掲載(2010年8月22日),”Can zapping potatoes make them more nutritious ?”

e3839be383bce383a0e3839ae383bce382b8e794a8e58699e79c9fefbc88e99bbbe6b097e587a6e79086efbc89e291a0
e3839be383bce383a0e3839ae383bce382b8e794a8e58699e79c9fefbc88e99bbbe6b097e587a6e79086efbc89e291a1

3.稲わらおよび麦わらの迅速糖化技術の開発

超音波を用いて,迅速に安全にセルロース,ヘミセルロース,リグニンを分解する技術を開発します。

e8b685e99fb3e6b3a2e382bbe383abe383ade383bce382b9

超音波によるセルロース分解

学生へのメッセージ

4年前はロシア(モスクワ),3年前はヨーロッパ(ルーマニア),一昨年はアメリカ(ワシントンDC),昨年はアメリカ(ボストン)と海外で研究発表をし,世界の学者と競争してきました。世界No.1を目指し,皆さんのあつい情熱で,共に世界に発信しましょう。

acs2010-boston-012acs2010-boston-013acs2010-boston-014e383a2e382b9e382afe383af0369

最近の業績

1. Hironaka et al. (2011): Ascorbic acid enrichment of whole potato tuber by vacuum-impregnation, Food Chemistry, 127(3), 1114-1118.

2. Hironaka et al. (2006): Effect of polyphenol content, polyphenol oxidase activity and pH on blackspot bruise of Japanese potato varieties, Food Preser. Sci., 32(2), 67-72

3. Hironaka et al. (2005): Effect of storage temperature on invertase, sucrose-6-phosphate synthase and UDP-glucose pyrophosphorylase activities of Japanese processing potatoes, Food Preser. Sci., 31(2), 67-74

4. Hironaka et al. (2005): Changes in invertase, sucrose-6-phosphate synthase and UDP-glucose pyrophosphorylase activities, and their relations to reducing sugar content in Japanese processing potato varieties stored at low temperature, Food Preser. Sci., 31(1), 9-14

5. Hironaka et al. (2004): Relationship between invertase activity and reducing sugar content of cold-stored Japanese processing potatoes, Food Preser. Sci., 30(6), 295-299

6. Hironaka et al. (2004): Chemical and physical properties of potatoes differing in bruising susceptibility, Food Preser. Sci., 30(6), 289-293

7. Hironaka et al. (2003): Sugar and starch contents of processing potatoes during reconditioning, Food Preser. Sci., 29(2), 97-102

8. Hironaka et al. (2001): Unequal distribution of sugar and starch contents within Japanese processing potatoes during storage, Food Preser. Sci., 27(6), 251-258

9. Hironaka et al. (2001): Effect of static loading on sugar contents and activities of invertase, UDP-glucose pyrophosphorylase and sucrose 6-phosphate syntase in potatoes during storage, Potato Research, 44(1), 33-39

  • 琉球大学 農学部の特徴 琉大 農学部へ行こう! 亜熱帯の沖縄でしか、できないことがある。
language
language
  • 研究室 紹介 あなたが興味のある研究室を探してみよう!
  • 進学をご検討の方へ 琉球大学農学部入試案内
  • 大学院進学をご検討の方へ 大学院進学案内
  • 在学生・卒業生の方へ 農学部学務担当からの案内
  • 農学部 教職員の方へ 農学部 総務係からの案内
  • 亜熱帯フィールド科学教育研究センター
  • 琉球大学資料館 風樹館
  • 琉大 農学部 概要 パンフレットPDFを見る
  • 琉球大学 農学部同窓会
  • 琉球大学 農学部教育後援会
  • 国立大学法人 琉球大学